日本食品を世界で売る会の地域分科会の会長さん・事務局長さん募集のお知らせ!

 

地域分科会の会長さん・事務局長さん募集のお知らせ!

 

日本食品を世界で売る会では日本全国20か所に地域分科会を設立して定期的な勉強会を開催予定です。その会長さん・運営事務局さんを募集中です。隔月でチーフコンサルタントが伺いセミナーを開催します。会長さん・事務局長さんはといつも密に連絡を取ります。数多くの事例も共有させていただきます!ぜひ応募ください!

 

◆地域分科会(地域勉強会)について

日本食品を世界で売る会の地域分科会の活動は毎月1回です。

(1)隔月:チーフ・コンサルタントのセミナーと公開コンサルティングセミナーを開催

(2)隔月:会長さん運営部事務局長さんを中心とした集まり(勉強会や懇親会など)

食品メーカーさん1社3名様まで月会費2万円で登録可能で、登録された方だけが分科会に参加可能です。各地域分科会の会員数の上限は50社さまとさせていただきます。全国20か所限定で開催しますので、20か所立上げの目途がたったら募集は終了します。

 

◆地域分科会(地域勉強会)の運営について

地域分科会の会長さんと運営事務局さんで会の運営をいただきます。

会長さんは食品メーカーさんで、運営事務局さんは食品メーカーさんを顧客にお持ちの企業さまを想定していますが、食品メーカーさんで両方兼務いただいても大丈夫です。輸出商社さまも大歓迎です。

地域の銀行さんや商工会議所さんや地方行政機関さんと連携していただき、地元の食品メーカーさんにお声掛けいただき、銀行さんや商工会議所のセミナールーム等をお借りしてセミナーを開催します。

 

◆導入無料セミナーについて

定期的に導入セミナーを行います。チーフコンサルタントが現地に伺い金融機関さん等と連携して、無料セミナーと地域部会参加説明会として1~2時間の無料セミナーを開催します。食品メーカーさんにお集まりいただき、ご希望の方に定期勉強会(日本食品を世界で売る会・地域分科会)をご案内します。

 

◆地域分科会の会長さん・運営事務局長さんのメリット

会長さんは食品メーカーさんです。セミナー参加費用が無料となること、全国開催のセミナーにも事務局として無料参加が可能になります。また、会長さん・事務局長さんはといつも密に連絡を取ります。数多くの事例も共有させていただきます。もちろんなっていただくのにお金は発生しません。逆に、勉強会運営で利益が出た場合、事務局長さんには配当がございます。運営事務局さんは保険会社さんや食品メーカーさんを顧客とされる企業さまや食品メーカーさんを想定しています。

 

◆地域分科会の会長さん・運営事務局長さんをご希望される方へ

日本食品を世界で売る会の地域分科会を誘致したい企業さまは地域運営部会長さん・事務局長希望の企業さん、ぜひ「日本食品を世界で売る会・地域分科会 運営会長の件」としてこちらからお問い合わせをお願いします。

 

運営事務局さんとして食品メーカーさん以外の企業さまだけでもお気軽に連絡をお願いします。導入セミナー後に会長さんをお願いする形で進めます。運営事務局さんは、保険会社さんや食品メーカーさんを顧客とされている企業さまを想定しています。

 

運営事務局さんにお願いしたい行動と取り組みと流れ

 

①集客パートナー様への説明(金融機関様の支店長様に無料セミナーをご案内ください。メインの集客パートナー様は食品メーカーさんを多数顧客として抱える金融機関様です。会場も無料でお借りする前提で社会的意義を強調して金融機関様を1社集客パートナーとして巻き込んでください。そして金融機関様と20名くらい参加のテスト無料セミナー開催を合意してください。)

 

②チーフコンサルタントによるメイン集客パートナー様への説明(金融機関様の支店長様や海外担当の方にチーフコンサルタントが直接無料セミナーや日本食品を世界で売る会・地域分科会の説明をします。)

 

③小規模での無料セミナーの開催(金融機関様のセミナールームをお借りしてセミナーを開催します。セミナーの最後で日本食品を世界で売る会の地域分科会のご案内をします。参加いただいた全員に無料メール講座「短期間輸出体制構築講座」に登録いただきます。 )

 

④大規模での無料セミナーの開催(都道府県庁様・商工会議所様などにも説明して食品メーカーさんをできるだけ大勢動員してください。セミナー最後で日本食品を世界で売る会の地域分科会のご案内をします。参加いただいた全員に無料メール講座「短期間輸出体制構築講座」に登録いただきます。 )

 

⑤地域分科会の立ち上げ(セミナー開催後地域文化会に10社参加が確定した段階で分科会を立ち上げます。)

 

 

運営事務局様向けの資料について

 

下記の資料を運営事務局長さんに準備しております。

 

①地域分科会設立に向けた海外販路開拓無料セミナー開催協力企業様向け説明資料(本資料です。金融機関様やその他集客パートナー様向けの資料としてご利用ください。)

 

②日本食品を世界で売る会・地域分科会ご入会の案内(無料セミナー当日に配布する資料です。)

 

③日本食品を世界で売る会導入セミナー配布資料(セミナー当日に配布する1枚ものの資料です。事前に、食品メーカーさんや金融機関様に事前にお渡しいただいても構いません。 )

 

④日本食品を世界で売る会・業務委託契約書(御社と当社で締結する業務委託契約書です。 )

 

立候補いただける企業さまはお気軽にこちらから連絡ください。

 


事務局長さんには、金融機関さんや商工会議所さん県庁や市役所等の行政機関さんにご案内いただく資料として下記の資料を作成しています。

お取引のある銀行の支店長さんにアポイントを取って

「これから海外市場に商品を売っていく必要がある。日本食品を世界で売る会が無料でセミナーを開催しれくれるから、試験的に支店でセミナーを開催しませんか?」というアプローチをお願いしています。

 

まずは、「日本食品を世界で売る会から責任者が説明に来るから、会って話を・・・」と説明していただき、できれば本店の海外担当の方にも同席してもらいセミナー開催について説明をしていただき、日本食品を世界で売る会のチーフコンサルタントと銀行さんのアポイント調整をお願いします。

地域の食品メーカーさんの支援として無料セミナーを開催し、のちのち定期セミナーにご協力いただけると、他行との圧倒的な差別化ができますので、定期セミナー開催時には、ぜひ会議室を貸していただきたい・・・と大きめの会議室を借りれるように話をしてください。会議室が金融機関さんにない場合は、県庁や商工会議所に依頼をしてください。

そして、日本食品を世界で売るには、3つのステージがあり、「輸出」⇒「海外OEM製造販売」⇒「海外法人立上げ」、地元企業の海外進出に非常に貢献できると説明してください。

そして金融機関さんに「無料セミナーを受講しただけで海外に商品を売れる訳ではありません。まずはセミナーで概要をしっていただき、勉強会を開催するので定期的に学ぶご案内をします。」と伝えてください。

日本食品を世界で売る会では、無料メール講座を開講しており、セミナーに参加いただいた方全員に無料メール講座に参加いただき更に学んでいただきます。そして月額2万円で1社3名まで参加できる勉強会(地域分科会)に参加を希望される方にだけご参加いただきます。

日本食品を世界で売る会では、2018年9月より本部セミナーや海外視察ツアーも開催予定です。地域分科会の会員さまが優先して予約できます。その後無料メール会員さんが参加予約できる仕組みです。

無料セミナーの内容は毎回同じです。質疑応答込みで1回2時間です。

その後地域分科会が立ち上がったら、毎回午前中は新規会員さま向けの無料セミナーで午後が地域分科会となります。

無料セミナーの内容は下記の通りで、セミナータイトルは自由にお付けいただけます。

地域分科会の会長さんと運営事務局さんの役割は下記の通りです。

食品メーカーさまなら、会長さんと運営事務局さんの兼務も大歓迎です。現在話が進んでいる福岡県・山口県・大阪も食品メーカーさんが会長兼事務局長さんの兼務です。

下記の流れで打ち合わせをさせてただきます。

下記の資料を既に用意しています。運営事務局さんをご希望の方は、ぜひお気軽に連絡をください。


詳しく「短期間で輸出体制を構築する方法」について知りたい方・情報が必要な方は、ぜひ下記から無料のメールセミナーにご登録ください。このサイトにも記載していない情報をメールセミナー限定でお伝えします。こちらからメールアドレスを登録するだけで1分後に無料メールセミナーが開講します。